Posts Tagged ‘住宅’

工務店の特徴

土曜日, 3月 9th, 2019

我が家は地域に密着した工務店に家造りを依頼しました。工務店の特徴は、こだわりや理念を強く押し出し、経営者や社員の顔が見えやすい会社が多いです。

しかし、広告費の不足から情報発信の手段のほとんどが手づくりのホームページやブログ、パンフレットであり、説明不足のためどのような家ができあがるかイメージしにくいと感じる人も多いのです。

しかし、建築主の要望に丁寧に耳を傾けてくれ、ハウスメーカーのように一目見ただけでどこのハウスメーカーのものか分かるような大量生産の家造りではなく、建築主の希望やこだわりが活かされた一品生産の家造りを行うことができるのです。

そのため希望が叶いやすいのです。

素材や工法など独自のこだわりを持つ会社が多いため、価値観が合うかということがポイントの一つでもあるのです。

一つ一つの打ち合わせを重要視するため、設計から完成するまでに時間がかかってしまうのです。
価格においては、広告宣伝費などがかからないため。同じ仕様の家ならばハウスメーカーよりも安くつくることができるのです。

地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのことながらアフターメンテナンスにおいても重要視してくれるので安心できます。

しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多く、洗練されたデザインや提案力に欠けていると感じる人も多いのです。

我が家は工務店に依頼して良かったと思っています。最高のパートナーを見つけ出し、安心して家造りを任せたいものですね。

≪住宅の構造について≫・・・建材・住宅のみ

金曜日, 12月 14th, 2012

 住宅購入を考える時、具体的な例を見たいと思えば、モデルハウスやオープンハウスを見学してみようと考える方は多いでしょう。

しかし、実際に家に住まう想像をかきたてるにはこのような見学はうってつけですが、どんな構造や工法で建てられているかはよく分かりません。

ただ、建てようとしている敷地への対応力をはじめとして、建物の耐久性や耐震性などに関わる重要な部分であることに変わりはありません。

この構造と工法についてはしっかり学んでベストな選択をした方が賢明です。

この構造に使われる建材や構造材、そして建て方によりメリットもデメリットもあります。

建物の構造や工法を選ぶときは、敷地に適しているか。希望する間取りの家ができるか。将来のリフォームに対応できるか。というような問題についてトータルで判断をした方がよいです。加えて工期やコスト、耐久性も重要なチェック項目となります。

住宅の構造は、躯体の材料によって分けられます。木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造と言われるものが代表です。

次に工法とは、簡単にいえば住宅の建て方もことです。柱と梁などの部材で建物の骨組みを作る「軸組み工法」というものと、壁(面)によって建物を支える「壁式工法」に大きく分けられます。

一戸建て住宅に多いのは木造住宅です。中でも在来工法と呼ばれている木造軸組み工法で家を建てるのが一般的なようですね。しかし、近年は住宅の建材の種類や販売の仕方も多様になってきているせいか、輸入住宅を建てられる人も多いようです。輸入住宅では壁式の2×4工法も多く採用されているようです。

カテゴリー

Copyright © 2019 家づくりや不動産について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes