Posts Tagged ‘マンション’

築35年のマンションは「ヴィンテージ」なのか

水曜日, 9月 10th, 2014

住宅雑誌やファッション誌などに取り上げられることが多く、ここ数年で需要が伸びてきているのが中古住宅です。都市部ではリフォームやリノベーションを前提にした中古住宅を「ヴィンテージマンション」と呼び、一等地であれば2LDKで3000万円程度と高額で取引されているのが実情です。

先日友人の誘いで都内の中古マンションの内覧会に行きました。築35年2900万円。内装工事には500万円程度がかかるとのこと。これだけあわせると3400万円。場所は一等地で、35年前は高級分譲マンションとして販売されていた有名な物件のひとつ。ここ数年で中古マンションリフォームが若い世代に人気ということもあり当日も2組の家族と一緒でしたが、仲介業者の話では30代から40代に人気があるのだといいます。

しかしここで気になるのが築35年のマンションを「ヴィンテージ」という言葉で片付けてしまっていいのかという問題です。ある程度頭金を払うとしても高額なリフォーム費用を払い、長期間のローンを組んで手に入れても問題はないのでしょうか。(※築年数によってはローンそのものを組むことも出来ないので注意が必要です。)ヴィンテージという言葉は古くて価値がある、という意味で受け取ることが一般的ですがいくら高級分譲マンションであったとしても築35年という年月は変えることができません。住宅雑誌やインテリアの特集などでは人気エリアの中古マンションをリノベーションした実例なども多く紹介していますがここで大切なのは自分自身でしっかり住宅の良し悪し、価値を判断できるかどうか、ではないでしょうか。

カテゴリー

Copyright © 2019 家づくりや不動産について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes