階段をどこに設けるか、またどのような種類の階段を設けるかで階段下に生まれるデッドスペースの最適な活用法は変わってきます。階段下というと今までは収納庫が設けられることが多かったですが、最近ではリビング内に階段を設けるリビング階段が人気となり様々な階段下の活用法が取り入れられています。

我が家もまさにリビング内に階段を設けました。リビング内に周り階段を設け、この下にトイレを設けたのです。便器を設置している一部分の天井が通常の天井に比べると低く、階段下ということで特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題がありませんし、一部の天井が低くても狭さや圧迫感を感じません。それは窓からの明かりを確保し、クロスやクッションフロアの色味やデザインを明るいものを選んだからです。スッキリと爽やかさを感じられる空間となっています。

そして、階段の上り初めから途中までの階段の下にはトイレ収納を設けました。トイレ収納としては十分すぎる広さを確保することができたので、トイレットペーパーをはじめ、サニタリー用品、子ども用便座、掃除用具、手拭き用タオルときちんとこの収納スペースに整理することができています。特売日にトイレットペーパーを買い込んでもスッポリと収められ助かっています。階段下にトイレを設けたことで空間を上手に利用しているね!と言われることも多いです。デッドスペースを生むことなく階段下を上手に有効活用させることで住宅の満足度も高まるだけに、階段下と軽視せず上手に活用させましょう。