我が家は、水廻り以外全ての床に地元で有名な杉の無垢材を取り入れました。床は肌が直接触れることが多いため触感の良さというものを高めたいと思い、浮造り加工を施したのです。浮造りとは、木の表面を何度も丁寧にこすり合せ年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を優しく、そして心地よく刺激してくれます。

年輪が際立ち表面に凹凸がある浮造りの床は、木目の美しさを際立ててもくれるのです。眺めているだけでリラックスできますし、木のぬくもりが室内に漂いやすらぎやすい空間となるのです。足裏を適度に心地よく刺激してくれることでマッサージ効果が得られますし、滑りにくくもなっています。子ども達の偏平足予防にも効果があると言われています。また、凹凸が足裏のツボを心地よく刺激してくれることで血行を良くし、冷え症の人にも安心ですし、冬でも素足の生活を楽しむことができるのです。

合板フローリングは、夏はペタっと張り付いたような感触で、冬はヒヤッと冷たく裸足で歩くことができません。しかし、無垢材の床は、夏でもサラサラとした触感で、冬はほのかに暖かみさえも感じられるため一年を通して素足で過ごしたくなるのです。浮造りで床に凹凸があることで室内の光を拡散し、目に優しい空間を作り出し眼精疲労を和らげてくれるのです。合板と無垢材を比較すると断然無垢材の方が割高となってしまうのですが、その分得られる魅力も多いのです。予算に合わせて部分的に無垢材を取り入れるのもいいと思います。触感のいい床にしてみるのもおススメです。