住宅の洋風化が進む中、畳の和室は数を少なくしてきています。しかし、日本人であるならば和室の魅力は受け継がれていってほしいものの一つでもあるのです。しかし、和室も以前に比べると大きく変化しています。床の間や長押など和室には当たり前のように設けられていたものがなくなりつつあり、洋風空間により馴染みやすい縁なしの琉球畳や建具も襖ではなく洋風建具を設けたりと随分変化しているのです。

大きな変化は和室の間取りです。今までは廊下が設けられ、和室が独立した一つの空間でした。しかし、最近では空間の繋がりを重視する傾向が強く、廊下を設けることで空間が細分化されてしまうので廊下をできるだけ設けない間取りが人気となっているのです。そこで独立した和室ではなく、リビングと一体化したリビングとの繋がりを大事にした和室が設けられるようになってきています。

リビングの一角を利用して畳コーナーを設けたり、建具を設けていても普段は建具を開け放ちリビングとの一体感を重視します。リビングの延長として和室を普段使いしやすい空間として考えられているのです。子どもが遊んだり、昼寝をしても家事をするキッチンからその様子が把握できることで家事と育児の両立がしやすくなるのです。和室にカウンターを造り付け、収納もあえて見える収納にしている家庭も多いです。時代の変化と共に和室のあり方も大きく変化しています。しっかりと変化に対応して利用しやすい和室にしましょう。