我が家の子ども部屋には可動間仕切り収納を設けました。子ども達がまだ小さいため個室を必要とせず、広々ワンルームの子ども部屋にしました。子どもが幼少期は個室という限られた空間よりも、広々とおもちゃを広げて、走り回れて、兄弟やお友達とのびのびと遊べる空間が求められます。

この時期はこの可動間仕切り収納は壁際に設置しておきます。小学校高学年になるとそれぞれのプライベートな空間が欲しくもなります。可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央部分に移動させ、ワンルームを半分だけ区切るのです。これなら互いの時間や空間の繋がりを大事にしながらも、プライベートな空間も手に入れることができこの時期の求める空間を作り出すことができるのです。

中学・高校生頃になると個室を必要とします。この時に中央部分に間仕切り収納を移動させ空間を完全に区切るのです。手軽に空間を個室へ変化させることができ、その時々に求める空間を手軽に設けることができるのです。子ども達が成長すればいずれは巣立っていきます。子どもが巣立った後に子ども部屋を有効活用したいものです。可動間仕切り収納を再び移動させてワンルームに戻し、セカンドリビングとして利用したり、子ども達が帰省した時のスペースとして利用したり新たな活用法を取り入れやすくなるのです。

間仕切りの役目を果たしてくれながらも収納機能を兼ね備えているため物がきちんと整理でき、暮らしにピッタリの空間をつくりやすくなります。住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋であるだけに、しっかりと変化に対応できる空間造りを行うには可動間仕切り収納は最適なのです。