子どもが小さい間は、親の目が行き届く場所で遊ぶと親は安心できますし、子どもも親の顔が見えることで安心して遊びに集中できるのです。そこで生活の中心となる一階に子どもにとって思いっきり遊べるキッズスペースを設けてあげてはどうでしょうか。

リビングとの境に程よい高さの壁を設けて、リビングからの視線を緩やかに遮るようにします。空間的な繋がりを大事にしながらも、リビングでくつろぐ人とキッズスペースで遊ぶ子ども達がそれぞれ自分の時間に集中できます。ポイントは、キッチンからはキッズスペースにきちんと目が行き届くようにしておくことです。家事や育児に忙しいママにとってキッチンは住宅の中で一番長く過ごす場所であるだけに、キッチンからの視線を確保することでママの目がしっかり行き届くのです。子どもは思いっきりおもちゃを広げて遊ぶスペースがあると嬉しいですし、ママの顔が見えることで安心も得られるのです。

また、子ども達が勉強する場所は、二階の自室ではなく家族が近くにいるリビングやダイニングです。そのためこのキッズスペースは、思いきり遊ぶ場であり、勉強する場としても活躍するのです。リビングからの視線を遮られることで勉強への集中力は高まりますし、キッチンで家事をしているママは子どもが勉強している様子がしっかり把握でき、また宿題のチェックもしやすいのです。

家族で過ごす場所やパパやママの居場所はしっかりと確保しがちですが、キッズスペースは見落とされがちです。しかし、子どもにとっても居心地のいい住まいにするにはキッズスペースを設けてあげるといいのではないでしょうか。