Archive for 6月, 2018

和室の利用方法

月曜日, 6月 18th, 2018

住宅の洋風化が進み、和室が一室も設けられていないという住まいも珍しいことではありません。しかし、日本人であるならば和の空間をいつまでも大事にしたいものです。和室も大きく変化しています。

まずは間取りです。和室をどのように利用させたいかで間取りも変わってきます。今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったです。客間としてりようさせるには最適でした。生活感で溢れたリビングを見られることなくお客様を家にお通しでき、お客様に関係のない家族は通常通りリビングで過ごすことができます。宿泊ルームとして利用するにも最適です。リビングからのテレビの音や喋り声を気にすることなくお客様にゆったりとくつろいでもらうことができるのです。

しかし、最近ではワンルームのような一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられることが多いです。建具を設けても普段はオープンにしておき、リビングの延長として和室をより多目的に利用しやすい空間とさせるのです。和室にまで目線が繋がることでリビングにより広さや開放感を与えてくれますし、和室で遊んだり、昼寝をする子どもの様子が把握しやすく家事と育児の両立がしやすいのです。

建具で仕切ってしまえば個室としても利用できるので宿泊ルームや将来的には夫婦の寝室として利用させることもできます。和室をどのように利用させたいかをまずは考え、間取りを決めましょう。畳の居心地の良さは大事にしたいものです。

カテゴリー

Copyright © 2019 家づくりや不動産について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes