Archive for 12月, 2017

造り付けカップボード

月曜日, 12月 18th, 2017

キッチンには欠かすことのできない家具がカップボードです。我が家はこのカップボードをキッチンスペースに合わせて造り付けました。家具を造り付けるメリットは、デッドスペースを生まず、空間を最大限に有効活用させることができることです。

床から天井近くまで広がるカップボードは、キッチン内で必要な物をしっかりと収納しておくことができます。扉三枚分にも広がるカップボードの扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。食材やレシピ本、調理器具、30㌔のお米まで大容量に収納することができています。

そしてこの隣の扉一面には食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでここ一か所に食器類を整理できているのでお皿選びがしやすくなりました。お弁当箱やタッパーなどもここに収納しています。そして、この隣の扉一面にはキッチン家電を収納しています。毎日使用する炊飯器を設置する棚は、引き出せるような造りにして利用しやすくしています。ホットプレートやたこ焼き器、ミキサーやフードプロセッサーなどキッチン家電をここにきちんと整理できています。キッチンを振り返ると必要な物がここに全て揃っているため物が把握しやすく、また出し入れもしやすいのです。

カップボードの全面にすりガラスの扉が設けられています。中に収納した物を隠すことができるため来客時には目に触れると生活感を与えるキッチン家電など全て見えないようにしています。キッチンで家事をする際には扉を開けっ放しにしても引き戸なので邪魔になることなく、物の出し入れもしやすいので家事効率を高めています。とてもお気に入りのカップボードです。

カテゴリー

Copyright © 2019 家づくりや不動産について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes