Archive for 4月, 2016

吹き抜けのある家

木曜日, 4月 7th, 2016

我が家の新築住宅には吹き抜けを取り入れるかどうか最後の最後まで非常に悩みました。結果、リビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けを設けることで、リビングがより明るく、広々と開放感たっぷりの空間が広がります。また吹き抜けがあるとオシャレでインテリア性も高めてくれます。二階にも視界が繋がることから面積以上の広さを実感できるのです。

魅力で溢れた吹き抜けという印象が大きい人もいますが、吹き抜けのデメリットとされているのが、冷暖房効率を下げるということです。特に暖房使用それを実感する人が多いようです。それは暖かい空気は上昇していきます。吹き抜けにすると温められた空気が二階にばかり流れてしまうのです。リビングはひんやりしますし、寒さを感じるため温度を上げたりして光熱費もかさんでしまうのです。

吹き抜けを取り入れる時に同時に確認してほしいのは、住宅自体の断熱性能が優れているかということと、熱の出入り口として一番大きな窓の断熱性が高いかということです。これらの断熱性が高いことで吹き抜けにしても冷暖房の効率を下げることがないのです。むしろ吹き抜けを取り入れ一階と二階で温度差のない家を実現すべきなのです。吹き抜け部分にはファンを設置して、上がって来た空気を循環させればリビングもしっかり暖められます。足元から暖めてくれる床暖房を取り入れるのもいいでしょう。

そして最大のデメリットは、二階のスペースを無駄にしてしまうことです。我が家もこの吹き抜けを設けなかったら広々とした収納庫を設けられたのにな…と感じることもあります。どのような家にしたいのかをじっくり考え、吹き抜けの魅力を最大限に感じられる家にしましょう。

カテゴリー

Copyright © 2019 家づくりや不動産について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes