我が家は地域に密着した工務店に家造りを依頼しました。工務店の特徴は、こだわりや理念を強く押し出し、経営者や社員の顔が見えやすい会社が多いです。

しかし、広告費の不足から情報発信の手段のほとんどが手づくりのホームページやブログ、パンフレットであり、説明不足のためどのような家ができあがるかイメージしにくいと感じる人も多いのです。

しかし、建築主の要望に丁寧に耳を傾けてくれ、ハウスメーカーのように一目見ただけでどこのハウスメーカーのものか分かるような大量生産の家造りではなく、建築主の希望やこだわりが活かされた一品生産の家造りを行うことができるのです。

そのため希望が叶いやすいのです。

素材や工法など独自のこだわりを持つ会社が多いため、価値観が合うかということがポイントの一つでもあるのです。

一つ一つの打ち合わせを重要視するため、設計から完成するまでに時間がかかってしまうのです。
価格においては、広告宣伝費などがかからないため。同じ仕様の家ならばハウスメーカーよりも安くつくることができるのです。

地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのことながらアフターメンテナンスにおいても重要視してくれるので安心できます。

しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多く、洗練されたデザインや提案力に欠けていると感じる人も多いのです。

我が家は工務店に依頼して良かったと思っています。最高のパートナーを見つけ出し、安心して家造りを任せたいものですね。

階段をどこに設けるか、またどのような種類の階段を設けるかで階段下に生まれるデッドスペースの最適な活用法は変わってきます。階段下というと今までは収納庫が設けられることが多かったですが、最近ではリビング内に階段を設けるリビング階段が人気となり様々な階段下の活用法が取り入れられています。

我が家もまさにリビング内に階段を設けました。リビング内に周り階段を設け、この下にトイレを設けたのです。便器を設置している一部分の天井が通常の天井に比べると低く、階段下ということで特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題がありませんし、一部の天井が低くても狭さや圧迫感を感じません。それは窓からの明かりを確保し、クロスやクッションフロアの色味やデザインを明るいものを選んだからです。スッキリと爽やかさを感じられる空間となっています。

そして、階段の上り初めから途中までの階段の下にはトイレ収納を設けました。トイレ収納としては十分すぎる広さを確保することができたので、トイレットペーパーをはじめ、サニタリー用品、子ども用便座、掃除用具、手拭き用タオルときちんとこの収納スペースに整理することができています。特売日にトイレットペーパーを買い込んでもスッポリと収められ助かっています。階段下にトイレを設けたことで空間を上手に利用しているね!と言われることも多いです。デッドスペースを生むことなく階段下を上手に有効活用させることで住宅の満足度も高まるだけに、階段下と軽視せず上手に活用させましょう。

住宅の洋風化が進み、和室が一室も設けられていないという住まいも珍しいことではありません。しかし、日本人であるならば和の空間をいつまでも大事にしたいものです。和室も大きく変化しています。

まずは間取りです。和室をどのように利用させたいかで間取りも変わってきます。今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったです。客間としてりようさせるには最適でした。生活感で溢れたリビングを見られることなくお客様を家にお通しでき、お客様に関係のない家族は通常通りリビングで過ごすことができます。宿泊ルームとして利用するにも最適です。リビングからのテレビの音や喋り声を気にすることなくお客様にゆったりとくつろいでもらうことができるのです。

しかし、最近ではワンルームのような一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられることが多いです。建具を設けても普段はオープンにしておき、リビングの延長として和室をより多目的に利用しやすい空間とさせるのです。和室にまで目線が繋がることでリビングにより広さや開放感を与えてくれますし、和室で遊んだり、昼寝をする子どもの様子が把握しやすく家事と育児の両立がしやすいのです。

建具で仕切ってしまえば個室としても利用できるので宿泊ルームや将来的には夫婦の寝室として利用させることもできます。和室をどのように利用させたいかをまずは考え、間取りを決めましょう。畳の居心地の良さは大事にしたいものです。

我が家は、水廻り以外全ての床に地元で有名な杉の無垢材を取り入れました。床は肌が直接触れることが多いため触感の良さというものを高めたいと思い、浮造り加工を施したのです。浮造りとは、木の表面を何度も丁寧にこすり合せ年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を優しく、そして心地よく刺激してくれます。

年輪が際立ち表面に凹凸がある浮造りの床は、木目の美しさを際立ててもくれるのです。眺めているだけでリラックスできますし、木のぬくもりが室内に漂いやすらぎやすい空間となるのです。足裏を適度に心地よく刺激してくれることでマッサージ効果が得られますし、滑りにくくもなっています。子ども達の偏平足予防にも効果があると言われています。また、凹凸が足裏のツボを心地よく刺激してくれることで血行を良くし、冷え症の人にも安心ですし、冬でも素足の生活を楽しむことができるのです。

合板フローリングは、夏はペタっと張り付いたような感触で、冬はヒヤッと冷たく裸足で歩くことができません。しかし、無垢材の床は、夏でもサラサラとした触感で、冬はほのかに暖かみさえも感じられるため一年を通して素足で過ごしたくなるのです。浮造りで床に凹凸があることで室内の光を拡散し、目に優しい空間を作り出し眼精疲労を和らげてくれるのです。合板と無垢材を比較すると断然無垢材の方が割高となってしまうのですが、その分得られる魅力も多いのです。予算に合わせて部分的に無垢材を取り入れるのもいいと思います。触感のいい床にしてみるのもおススメです。

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。視線を遮ってしまう間仕切りはできるだけ設けず、横の繋がりを大事にした空間造りを意識している家庭も多いのではないでしょうか。横の繋がりだけでなく、吹き抜けやリビングイン階段を設けて縦に視線を抜けさせ縦の繋がりも意識することで、より広さや開放感が得られるようになるのです。

このように空間の繋がりを大事にするのも大切なのですが、全く壁がなくなってしまうと空間が間延びしてメリハリが損なわれてしまうのです。そこで視線を抜けさせつつも間仕切りの役目を果たしてくれる壁を取り入れることで、空間の繋がりを大事にしながらも空間にメリハリが生まれます。各スペースを緩やかにゾーニングすることで個々のスペースの居心地の良さも高められるのです。

例えば、キッチン部分には程よい高さで区切った腰壁を設けます。腰壁があることでキッチンの気になる手元部分をしっかりと隠せることもできますし、キッチンが独立した空間のようにも感じられるのです。また、スタディーコーナーやパソコンコーナーをアーチ状の垂れ壁で緩やかにゾーニングすることで、ここで過ごす時間が個室で過ごしているかのような気分を味わえるようになるのです。近くで過ごす家族の気配を感じながらも個人の時間も大切にできるのです。

他には、リビングとダイニングの境に格子状の建具を設けておいたり、木の格子を設けておきます。我が家は木の格子を設けています。吹き抜け部分の梁と素材と色味を合わせた格子は、LDKのアクセントにもなっています。リビングで過ごす人の視線とダイニングで食事をする人の視線を緩やかに遮りながらも、明るさをしっかりと通してくれるので閉鎖的な印象になりません。このように空間の繋がりを確保する時にはメリハリにも配慮することでより過ごしやすさを高められるのです。

住宅の洋風化が進む中、畳の和室は数を少なくしてきています。しかし、日本人であるならば和室の魅力は受け継がれていってほしいものの一つでもあるのです。しかし、和室も以前に比べると大きく変化しています。床の間や長押など和室には当たり前のように設けられていたものがなくなりつつあり、洋風空間により馴染みやすい縁なしの琉球畳や建具も襖ではなく洋風建具を設けたりと随分変化しているのです。

大きな変化は和室の間取りです。今までは廊下が設けられ、和室が独立した一つの空間でした。しかし、最近では空間の繋がりを重視する傾向が強く、廊下を設けることで空間が細分化されてしまうので廊下をできるだけ設けない間取りが人気となっているのです。そこで独立した和室ではなく、リビングと一体化したリビングとの繋がりを大事にした和室が設けられるようになってきています。

リビングの一角を利用して畳コーナーを設けたり、建具を設けていても普段は建具を開け放ちリビングとの一体感を重視します。リビングの延長として和室を普段使いしやすい空間として考えられているのです。子どもが遊んだり、昼寝をしても家事をするキッチンからその様子が把握できることで家事と育児の両立がしやすくなるのです。和室にカウンターを造り付け、収納もあえて見える収納にしている家庭も多いです。時代の変化と共に和室のあり方も大きく変化しています。しっかりと変化に対応して利用しやすい和室にしましょう。

キッチンには欠かすことのできない家具がカップボードです。我が家はこのカップボードをキッチンスペースに合わせて造り付けました。家具を造り付けるメリットは、デッドスペースを生まず、空間を最大限に有効活用させることができることです。

床から天井近くまで広がるカップボードは、キッチン内で必要な物をしっかりと収納しておくことができます。扉三枚分にも広がるカップボードの扉一枚分はキッチンパントリーとして利用しています。食材やレシピ本、調理器具、30㌔のお米まで大容量に収納することができています。

そしてこの隣の扉一面には食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでここ一か所に食器類を整理できているのでお皿選びがしやすくなりました。お弁当箱やタッパーなどもここに収納しています。そして、この隣の扉一面にはキッチン家電を収納しています。毎日使用する炊飯器を設置する棚は、引き出せるような造りにして利用しやすくしています。ホットプレートやたこ焼き器、ミキサーやフードプロセッサーなどキッチン家電をここにきちんと整理できています。キッチンを振り返ると必要な物がここに全て揃っているため物が把握しやすく、また出し入れもしやすいのです。

カップボードの全面にすりガラスの扉が設けられています。中に収納した物を隠すことができるため来客時には目に触れると生活感を与えるキッチン家電など全て見えないようにしています。キッチンで家事をする際には扉を開けっ放しにしても引き戸なので邪魔になることなく、物の出し入れもしやすいので家事効率を高めています。とてもお気に入りのカップボードです。

私は家事や育児の合間の時間を利用してパソコンを使い仕事をしています。そこで新居ではパソコンに集中できるスペースを希望していました。それをリビングの延長線上に設けた和室に設けたのです。リビングとの一体感がある和室は、普段は建具で仕切らずオープンにしておきます。そのためリビングとの空間のメリハリを出すために、和室に高さを設けて小上がりにしたのです。

小上がりにしたことで建具で開けっ放しにしていても空間のメリハリが生まれ、リビングとの繋がりをしっかりと保つことができています。ここにカウンターを造り付けてもらい、上部には扉付きキャビネットを設けてもらいました。横幅のあるカウンターで2、3人並んでカウンターを利用することができますし、上部のキャビネットにはパソコン関連用品や書類などを大容量に収納することができています。

和室では、子どもが遊んだり、昼寝をしたりと子どもが利用する機会が多く、子ども達の様子をしっかりと確認しながら仕事が行える環境となっているのです。一人で集中して仕事をしたいという時にはリビングとの建具で区切ってしまえば一人の時間を確保することができるのです。私がパソコンをしている横で子どもが勉強をしたり、お絵かきをしたりすることもあります。仕事だけでなく親子のコミュニケーションを深める場所でもあるのです。

将来的には子ども達のスタディーコーナーとしても活躍できることでしょう。カウンターの下には足をゆったりと伸ばせるように掘り込んでいるため長時間カウンターを使用しやすくしたのも大きなポイントとなっています。

最近では一体感のあるLDKが設けられることが多いです。壁や間仕切りで空間を区切るのではなく、できるだけ壁や間仕切りを設けず空間の繋がりを大事にすることで空間が広々と感じられ、開放感や家族の一体感を感じることができます。

家族が顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくもなります。このようなLDKの一角に子どもが利用するキッズスペースを設けてあげるといいと思います。ここでは子どもがおもちゃを広げて遊ぶことができたり、成長すればスタディーコーナーとしても利用できます。

テレビを見ながらくつろいでいる横で子どものおもちゃが広がると快適性を欠いてしまいますし、親はつい片付けなさい!と叱ってしまいがちです。子どもも思い切り遊べる空間があることで居心地の良さを感じることでしょう。LDKの一角に設けることで互いの気配を感じながらも、それぞれの時間を満喫することができます。

リビングとの境には互いの視線を緩やかにカットできるように腰壁を設けておきます。キッチンからはしっかりとキッズスペースに目が行き届くようにしておくことで料理や洗い物をしながら子どもの様子が把握でき親も子どもも安心できます。おもちゃを収納するスペースや勉強したりお絵かきをするのに最適なカウンターも造りつけておくといいと思います。少し広々としたカウンターにしておけば子ども達が二人並んで勉強できますし、親子で並んで宿題をすることもできます。子どもだけでなく親子のコミュニケーションを深められる場所としても活躍するのです。

我が家の子ども部屋には可動間仕切り収納を設けました。子ども達がまだ小さいため個室を必要とせず、広々ワンルームの子ども部屋にしました。子どもが幼少期は個室という限られた空間よりも、広々とおもちゃを広げて、走り回れて、兄弟やお友達とのびのびと遊べる空間が求められます。

この時期はこの可動間仕切り収納は壁際に設置しておきます。小学校高学年になるとそれぞれのプライベートな空間が欲しくもなります。可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央部分に移動させ、ワンルームを半分だけ区切るのです。これなら互いの時間や空間の繋がりを大事にしながらも、プライベートな空間も手に入れることができこの時期の求める空間を作り出すことができるのです。

中学・高校生頃になると個室を必要とします。この時に中央部分に間仕切り収納を移動させ空間を完全に区切るのです。手軽に空間を個室へ変化させることができ、その時々に求める空間を手軽に設けることができるのです。子ども達が成長すればいずれは巣立っていきます。子どもが巣立った後に子ども部屋を有効活用したいものです。可動間仕切り収納を再び移動させてワンルームに戻し、セカンドリビングとして利用したり、子ども達が帰省した時のスペースとして利用したり新たな活用法を取り入れやすくなるのです。

間仕切りの役目を果たしてくれながらも収納機能を兼ね備えているため物がきちんと整理でき、暮らしにピッタリの空間をつくりやすくなります。住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋であるだけに、しっかりと変化に対応できる空間造りを行うには可動間仕切り収納は最適なのです。

カテゴリー

Copyright © 2019 家づくりや不動産について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes